つわりには色々な種類があるの?

つわりには色々な症状があるってご存知でしたか?つわりのイメージとしては「吐き気」や「おう吐」などがありますが、それ以外にもつわりには種類があります。
今日はそんなつわりの症状の種類をご紹介していきます!

つわりの一般的な症状としては「吐き気」や「おう吐」ですね。この症状も軽度だと船酔いしてる感じ、重度だと水を飲んでもおう吐するなど様々です。
一般的な症状とあって、やはり「吐き気」や「おう吐」の症状に苦しめられる妊婦さんは多いみたいですね。酷いと何も食べられず、病院で点滴をしたり、
入院が必要になります。つわりで入院は本当に辛いですね。でもこの時期を耐えないと赤ちゃんには会えないのです。だから妊婦さんはみんな頑張って
耐えられるんだと思います。

そして次によく聞かれる症状が「においつわり」ですね。色々な匂いに敏感になって反応して吐き気を起こしたり気持ち悪くなったりします。
これも妊婦さんにはよくある症状で、今まで平気だった匂いが突然だめになったりします。特に匂いの強いものは特にだめなようで、香水や芳香剤の匂いや
ごみの匂い。生活していくなかでよくある匂いだと、ご飯が炊ける匂いや、油の匂い、キッチンに立つだけでだめになる人もいます。
匂い対策として、この時期はマスクは必須アイテムになります。なるべく匂いをシャットダウンするようにマスクをしておきましょう。
あとはアロマなどの香りは心をリラックスさせるので、おすすめです!アロマは妊娠中は使えないという話も聞きますが、そんなことはありません。
部屋で香りを楽しんだりするのであれば、種類を選ばず使えます。体に塗ったりする場合は種類によっては使わないほうがいいものもあるので注意してください。

次に、「食べつわり」もよく聞かれます。空腹になると気持ち悪くなるのが特徴です。なので常に何かを口にしていたり空腹にならないようにする工夫が必要になります。
このつわりの場合は、どうしても食事が増えて体重が増加してしまう傾向があるのですが、つわりなので仕方ないかなぁと思います。
簡単につまめる小さいおにぎりやパン、クラッカーなどを持ち歩くといいですね。ただこの食べつわりも、食べ過ぎるとまた吐き気の原因になるようなので
食べ過ぎには注意です!

他にも「眠りつわり」などもあります。え、眠いのってつわりの症状なの?と思われる方もいますが、これもやはり妊婦さん特有の症状であって
つわりの一種と言えます。眠くて眠くて仕方ないんですよね。特に妊娠初期に現れることが多い気がします。眠っても眠っても眠たいので、どうしようもないのですが、
もし車の運転などをする場合は気を付けるようにしましょう。休息しながら運転してくださいね。
この時期に眠くなったり、いくらでも眠れるのは、産後赤ちゃんのお世話でなかなかまとまって眠れない時期が続くので、そのためだとも言われています。
眠れる時に眠っておくのも大事かなぁと私は思います。わたしは寝すぎなくらい寝ていた記憶があります…。

あとはあまり聞かないかもしれませんが「よだれつわり」という症状があり、口の中に唾液がでてしまう症状です。何もしなくても唾液がよだれとなってでてくるため
仕事をしている場合など困ってしまう人もいるようです。わたしはこの症状になっていないのでどんな感じかわからないのですが、常によだれがでるので
口にタオルを入れてよだれを吸わせるようにしたり、常に吐き出せるようにしておくなど対策しているそうです。これを聞くと、大変さがわかりますね。。
それによだれがたまると、またこれも不快感が増しますよね。それに吐き気などが加わったら大変ですね。

いかがでしたか?つわりと言っても色々な症状があるんですね。すべてのつわりを経験する人は少ないと思いますが、これから妊娠したい人やつわりが来そうな人は
心の準備をしておきましょうね!

 

コメントを残す