つわり中ってどうしてにおいにも敏感になるの?

妊娠中やつわり中って、匂いに敏感になりますよね。本当に今まで気にならなかった匂いまで敏感に反応してしまいます。不思議ですよね。
でもどうしてにおいに対して敏感になってしまうのでしょうか?色々と理由があるようです。まとめてみました。

なぜつわり中は匂いに敏感になる?こんなに優れた嗅覚になるなんて…!とびっくりするぐらいだと思います。特に苦手な匂いには敏感になるようですね。
でもどうしてそんな嗅覚になってしまうのか?それにはこんな理由があったのです。

考えの一つとして挙げられるのが、「自然界で生き残るための生存本能」なんだそうです。
妊娠するとお腹がどんどん大きくなり、女性は危険から逃れる能力が薄れてしまいます。動きも鈍くなってしまいますよね。
そんなときだからこそ、危険な状況に対する察知能力があがるんだとか。早く察知することができれば危険から逃げることが可能ですよね。
つまりこれにあてはめると、妊娠中に嗅覚が強まることで危険な物を事前に察知することができるということです。
なるほど…と思いました。たしかにそういった理由から考えると、自然なことなんだなぁと思いました。
人間が自然界で生き残るために必要な能力によって敏感になってしまうのかもしれませんね。

他の説としては、ホルモンの影響も考えられます。妊娠するとエストロゲンと言うホルモンの分泌が増えてきます。このエストロゲンは嗅覚を敏感にするという
働きがあるようです。その働きから今までは平気だった匂いが気になるようになったり敏感になったりするそうです。このようなことから
匂いが不快になるのもホルモンの影響とも考えられますね。匂いだけで気持ちが悪くなったりするのは困りますが、妊娠初期のこの兆候は妊娠を継続させるための
大切な変化の一つなのです。

次に自律神経の影響なども考えられてます。妊娠するとホルモンバランスに変化が起きて、そのうちに自律神経にも影響を及ぼすようになるといいます。
自律神経は心臓や胃腸の動きや呼吸の調整などが行われる部分のことです。体の様々な機能を調整する役割があります。そして妊娠初期にこの自律神経も
変化をもたらすことで、嗅覚が敏感になり様々な匂いが苦手になってしまうということです。匂いに過敏になるという症状から、自律神経が少なからず影響していると
考えるといいでしょう。

原因として考えられるのはどれも、妊娠することによる体の変化からきており、仕方ないことでもあります。だからといって、匂いに耐えなくてはいけないのは
大変つらいことです。日常生活のなかでさまざまな匂いが溢れているので、すべてを避けることはできませんからね。症状も、吐き気から実際におう吐する場合もあり
出来る限り匂いを直接かがないような工夫が必要ですね。マスクもその1つですね!

匂いのつわりも、終わりが必ずやってきます。通常の吐き気がするつわりと同じように16週あたりから落ち着いてくることが多いようです。
もちろん個人差もあるので、なかなか終わらない人や、ひどい人は妊娠後期まで治らない、すっきりしないという人もいるかもしれません。
ですがこの症状も、お腹の赤ちゃんを守るための防衛反応であり、母親はその症状に耐えられるようにきっとできているはずです!陣痛もそうですが、
女性だから耐えられることなんだと思います!

今苦しんでいる人も、いつか必ずおわるので!頑張って乗り切りましょうね。

 

コメントを残す